指輪の金属アレルギー対策になるプラチナ以外の素材3選

指輪の金属アレルギー対策になるプラチナ以外の素材3選

今回は指輪やネックレス、ピアスなどのアクセサリーをつけていて金属アレルギーを起こしてしまった経験がある方必見の内容です!

 

基本的に婚約指輪や結婚指輪などブライダルに使われるゴールド、プラチナはもともと化学的に安定していて金属アレルギーが起こりづらいとは言われています。

それでも、身につけてみて実際に金属アレルギーの症状がでてしまったら「自分は指輪をつけることができないのでは?」と不安に思う方は大勢いらっしゃいます。

 

そこで今回はプラチナ、ゴールドで金属アレルギーが起きてしまった方や金属アレルギーに不安のある方におすすめできる指輪の素材(金属)や金属アレルギーにまつわる豆知識をご紹介します!

 

まずは、「金属アレルギーの原因」と、金属アレルギーが起こりにくいとされる理由になる「不動態」についてまとめましたので、そちらからチェックしてみてください!

 

【そもそもどうして金属アレルギーが起こるの?】

 

もともと金属そのものは身体に対して無害なものがほとんどです。金属がアレルギーの原因となるのではなく、金属イオンがアレルギーの原因になります。直接皮膚に接触した金属が汗や唾液などの体液の成分と反応しイオン化して体内に入り込みます。

体内へ入った金属イオンは、体内のタンパク質と結合し、アレルゲン(抗原)と呼ばれる物質になります。

アレルゲンを非自己(異物)であると認識した細胞がアレルゲンを体内から除去するために抗体を作り出します。この抗体を作り出す活動が活発化し皮膚や粘膜を痛めることで皮膚炎などのアレルギー症状が引き起こされます。

 

金属アレルギーは2つの種類に分けられます。

直接触れた箇所にだけ反応が見られる、「局所的接触皮膚炎」と金属イオンが血流に乗って全身へ散らばり、到達した箇所の皮膚にも反応を起こす「全身性接触皮膚炎」です。

金属がイオン化し体内に取り込まれることでアレルギーが発症するというメカニズムであるとはいえ、必ずしもイオン化傾向が大きい金属(イオン化しやすい金属)が金属アレルギーを起こしやすい素材とは限りません。イオン化傾向が大きくても不動態化が起こりやすい素材であるか、その金属の金属イオンがタンパク質と結合しやすいか、が重要となります。

 

 

【金属アレルギーから身を守る不動態とは?】

 

不動態とは金属表面に腐食作用に抵抗する薄い膜(酸化被膜)が生じた状態のことです。その被膜は日常生活で触れる液体などでは溶け去ることがほとんどなく、内部の金属を腐食から保護し非常に安定した状態を保つことができます。つまり、表面を不動態皮膜で覆われていることはイオン化しにくいということになります。チタン、ジルコニウム、タンタルなどの弁金属(バルブメタル)においてはこの特性から金属アレルギーが起きにくい素材とされています。

 

*弁金属(バルブメタル)・・・弁が開閉しているかのように不動態膜に一定以上の電圧がかかると通電がおこる性質を持つ金属のことです。

 

 

 

【金属アレルギーに強い3つの素材】

 

ジルコニウム-Zr-[Zirconium]

 

耐食性、耐熱性に優れ、金属の中で最も熱中性子吸収断面積が小さい。そのため、原子炉の核燃料被覆管に広く使用される。イオン化しにくくアレルギーが起きにくい素材とされ医療、アクセサリーなどの世界でも扱われている。

ジルコニウムはセラミックの素材としても使用されており、その美しさと人体との相性の良さ、強度の面から近年歯科治療においても注目されている。

地殻中に広く多量に存在しているが、その抽出および精錬が難しくまとまって産出しにくい素材としてレアメタルに分類される。

表面に形成される酸化皮膜の構造色によって鮮やかな発色加工が可能なため、指輪に色をつけられる。
チタンと比べ、より強固な酸化皮膜を持つため発色が変化しにくい。カラーバリエーションも豊富。

指輪にした際の色味はプラチナと比べてやや黒い程度で見比べないとわからない。

 

チタン-Ti-[Titanium] 融点:1668° 比重:4.5

ギリシャ神話に登場する巨人「タイタン(Titan)」が名前の由来とされている。

軽量で高い強度を誇るチタンは耐食性、耐熱性を備え様々な分野で活用されている。活用例としては航空機や潜水艦、生体インプラントがある。

チタンは生体親和性が非常に高く、瞬時に不動態皮膜を形成することで危険な金属アレルギーを起こす心配が少ないため、人工骨として使用される。

地殻中に広く多量に存在しているが、その抽出および精錬が難しくまとまって産出しにくい素材としてレアメタルに分類される。

イオン化しにくくアレルギーが起きにくい素材として広く認知されている。酸化チタンは顔料などに利用されている。

指輪にした際の色味はプラチナと比べてやや黒い程度で見比べないとわからない。

 

タンタル-Ta-[Tantalum] 融点:2996° 比重:16.6

ギリシャ神話に登場する王「タンタロス(Tantalus)」から由来されている。

展延性、耐食性、耐熱性に優れるタンタルは耐酸性も強く、展延性に富むことから、コンデンサやロケットエンジン、化学プラントなどに使用される。

人体に無害な金属とされ、人工骨や歯のインプラントなどにも広く使用されている。

反射率が全ての金属の中で最も低いため、純金属としては最も黒い。宇宙空間で2番目に少ない元素であり、レアメタルに分類される。

指輪にした際の色味はかなり黒いため、色の面で人とは被らない指輪が作成可能。

 

 

 

ジルコニウム・チタン・タンタルの指輪を見に行く→来店予約はこちら

 

 

 

強度で比較する

 

ジルコニウム=タンタル>チタン>ゴールド=プラチナ

*ブランドの配合により若干の違いがあります。

 

 

重さで比較する

プラチナ(21.45)>タンタル(16.6)>ゴールド類(13~18)>>>ジルコニウム(6.5)>チタン(4.5)

*()内は比重値。数値が大きいものほど重い。

 

チタンはプラチナの約5倍軽いことになります。

 

 

 

【コラム①】レアメタルと貴金属の違い

 

レアメタル・・・希少金属とも呼ばれる。天然の産出量が稀であったり、多量にあったとしても技術的に採掘・精錬が困難だったり、経済的な理由から安定供給が難しいとされる非鉄金属のこと。

ジルコニウム・チタン・タンタルはレアメタルに分類されます。

 

貴金属・・・金(Au)、銀(Ag)、プラチナ(Pt)、パラジウム(Pd)、ロジウム(Rh)、ルテニウム(Ru)、オスミウム(Os)、イリジウム(Ir)の8種類のことを指す。希少性、加工性、化学的に安定していることから貴金属とされています。

貴金属の中で一般にジュエリーとして使われるのは金、銀、プラチナで、それ以外の貴金属はそれらの割金などに使用されます。

 

 

 

【コラム②】金属アレルギーには原因となる金属がある

 

最後に金属アレルギーには原因となる金属があることをお伝えします。

例えば、プラチナのジュエリーをつけて金属アレルギーが起こってしまった場合、「私は金属全てにアレルギーが起こってしまう!」や「私はプラチナで金属アレルギーが起こってしまう!」とは一概には言えません。

理由は割金にあります。

ほとんどのプラチナのジュエリーはプラチナ以外にパラジウムなどの割金を混ぜて耐久性を上げています。意外とプラチナではなく割金のパラジウムが原因だったということもあります。(ゴールドも同じことが言えます。)

 

自分がどの金属に対してアレルギーが起こっているのか医療機関で金属アレルギーの検査をして調べる方法があるので、受診してみることをおすすめします。

 

 

 

金属アレルギーを配慮した指輪を見に行く→来店予約はこちら

金属アレルギーに強いブランド→カフェリングの指輪