ロイヤルアッシャーが婚約指輪・結婚指輪に選ばれ続ける理由_test

 

一真堂ブライダル「ROYAL ASSCHER」

 

そもそも「ロイヤルアッシャー」ってどんなブランド?

1854年オランダのアムステルダムに創業したロイヤルアッシャーは150年以上ダイヤモンドをカットし続けているブランドです。ロイヤルアッシャーのダイヤの輝きカット技術は世界中の王室、皇室の方々から愛され現代に至るまで高品質のものだけを作り続けています。世界中の人々から愛され続けるロイヤルアッシャー。その人気の秘密をご紹介します。

一真堂桜木インター店は日本で初めて、ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドの最高位のショップとして「コンセプトショップ」に認定されています。

王室が認めたロイヤルアッシャーダイヤモンド品質へのこだわり

ロイヤルアッシャーダイヤモンドの輝きは、多くのカップルの特別な瞬間を彩ります。婚約指輪として選ばれ続けるロイヤルアッシャーダイヤモンドの輝きへのこだわりをご案内します。

ロイヤルアッシャーのダイヤモンドリング

白く上品な輝き

ロイヤルアッシャーのダイヤモンドはブリリアンス(白く上品な輝き)を最大限に引き出すカットをしています。ジュエリーの本場ヨーロッパが認める白く高貴なダイヤモンドの輝きはどんな場面でも女性の指元を美しく彩ります。

ダイヤモンドリングの上品な輝き

原石へのこだわり

美しく輝くダイヤモンドは、原石の素材の良さから生まれます。ロイヤルアッシャーでは、オランダのバイヤーが鉱山に直接買いつけに行き透明度のある歪みのない素直に結晶化した原石の石を使用しています。4Cだけでは表せないダイヤモンドの輝きをご確認下さい。

ダイヤモンドの原石

クラフトマンシップ

ロイヤルアッシャーダイヤモンドの美しい輝きを生み出すのは、ロイヤルアッシャー社に受け継がれるクラフトマンの確かな技術です。美しいダイヤモンドを世に送り出したいというクラフトマンの思いはダイヤモンドをひとつひとつ手作業で仕上げ、生命を吹き込みます。

手作業で仕上げるダイヤモンド

クラウンの刻印

ダイヤモンドの輝きはもちろん、ロイヤルアッシャーは爪のキレイさ、着けごこち、指あたりの良さなど、仕上げにもこだわっています。クラウンマークは、ロイヤルの称号を授かったダイヤモンドのみに許された信頼と安心の証です。

王冠の刻印

王室御用達のダイヤモンドロイヤルアッシャーの物語

ロイヤルアッシャーには150年以上の歴史があります。世界中の人々から愛され、王室、皇室から今なお人気の高いロイヤルアッシャーには輝かしい物語があります。

ダイヤモンドが輝く王冠

世界最大のダイヤモンドカリナン原石

ロイヤルアッシャーは、1905年に発見された「3106」カラットの当時世界最大のカリナンダイヤモンドのカットを英国王室より依頼されます。コンピューターのない時代、カリナンダイヤモンドのカットに成功したロイヤルアッシャーは世界最高のダイヤモンドカッターの名声をえています。

英国王室より依頼されたダイヤモンドのカット

世界でただひとつ「ロイヤル」の称号をもつダイヤモンド

1980年アッシャー社の長年の功績と信頼に対してオランダのユリアナ女王より“ロイヤルの称号”が授けられました。“ロイヤル”の称号は、1業種に1社に限られた栄誉です。もちろん、ダイヤモンド業界では唯一ロイヤルアッシャーが社名に“ロイヤル”を冠することが許された会社です。 

世界にひとるのロイヤルの商号

ゴールデンブック

ロイヤルアッシャー社には、ゴールデンブックと呼ばれる来賓名簿が大切に保管されています。そこには昭和天皇、エリザベス女王をはじめ世界の王室、各国首脳の署名が連ねられます。ゴールデンブックは、ロイヤルアッシャーの歴史を物語る輝かしい記録でもあります。

ゴールデンブック

革新的なスクエアフォルムロイヤルアッシャーカット

ロイヤルアッシャーは、アッシャー家の名を冠した「ロイヤルアッシャーカット」を開発し、現在に至るまで広く流通しています。合計74面のファセットから導き出される強い輝きは世界中から賞賛されています。

ロイヤルアッシャーカット

ブライダルのプロがオススメするロイヤルアッシャーがつくる婚約指輪のデザイン

ロイヤルアッシャーの婚約指輪はダイヤモンドの美しさを最大限に引き出したリングを150年の歴史の中で厳選した約20種類のデザインの中から選んでいただけます。その中でもオススメの3つのデザインをご紹介します。(センターのダイヤモンドは予算に合わせてお選びいただけます)

ロイヤルアッシャーの婚約指輪
ダイヤが1石のシンプルなデザイン。サプライズにもオススメです。
脇石に1石づつ入ったS字のデザイン。ロイヤルアッシャー不動の1番人気。
華やかなエタニティデザイン。脇石のダイヤは全てG、VS以上。

ロイヤルアッシャー不動の1番人気伝説のデザイン#680

#680のデザインで知られるこのデザインは、ブライダル業界でもっとも人気の脇メレーで、だきあわせの婚約指輪です。このデザインは、今では多くの海外ブランド、国内メーカーが販売しています。実はロイヤルアッシャーがこの#680のデザインを世界ではじめて、30年前に発表しました。時代を超えて多くの花嫁に支持され続ける#680のデザインの秘密をご案内します。

伝統の#680リング

ロイヤルアッシャーが世界ではじめてつくった#680デザイン

婚約指輪といえば、1石でストレートのデザインしかなかった時代にロイヤルアッシャーが流麗なアームに3粒のダイヤをセットした#680の婚約指輪を世界ではじめて発表しました。今では数多くのブランドが同じようなデザインをつくっていますが、ロイヤルアッシャーの#680のしなやかなカーブ、脇石とのバランス、横から見たときの爪、アームのキレイさは他のブランドには、まねができません。

美しいフォルムのリング

ロイヤルアッシャーのクラフトマンがつくる繊細な#680のフォルム

宝石業界のデザイナーと呼ばれる人達の感性は高くすばらしい絵を書くのですが、実はこの絵をもとに原型を作成するのは職人です。これが大きな問題で、商品になった瞬間に、なんだかごついなとか、なんだかかわいくないな、という形にかわってしまいます。たしかにここから見ると、デザイン画と同じなのですが、リングを横から見たときの微妙なアームの高さの加減であったり、アームのしぼりぐあい、リングのアームのピークのもたせかたで大きな差がでてしまいます。皆様ぜひこの伝説のデザイン#680のフォルムを手にとってご覧下さい。

繊細なフォルムのリング

計算された美しいフォルムロイヤルアッシャーの結婚指輪との重ね着け

#680のデザインは結婚指輪との重ねづけがしやすいところも人気の秘密です。実は、ロイヤルアッシャーの婚約指輪を選ばれた約8割の方が結婚指輪にロイヤルアッシャーを選んでいるんです。ロイヤルアッシャーのリングを重ね着けしたときの優雅な曲線を描く2本のアームが、ダイヤの輝きとあいまって手もとを優美に彩ってくれます。男性が着けごこちが良いと選ばれる方も多くいらっしゃいます。

結婚指輪との重ねづけもできます
  • ロイヤルアッシャーコレクションはこちら
  • ご来店予約はこちら

全国No.1の一真堂で、
生涯の記念にふさわしい婚約指輪と
運命の出逢いを…

一真堂は全国の『ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンド』正規取扱い専門店のブライダルジュエリー販売額で全国1位の実績を修めました。2014年夏には、オランダよりロイヤル・アッシャー社5代目社長エドワード・アッシャー氏がジュエリー・リッツ一真堂を表敬訪問しました。

マイク・E・アッシャー氏が来店されました

ロイヤルアッシャーの婚約指輪を選ばれたお客様の声

ピンクゴールドの婚約指輪

ロイヤルアッシャーのダイヤの輝きに
一目ぼれでした。
普段使いしやすい
ピンクゴールドの婚約指輪は
友達からも可愛いと言われます。

エンゲージリングをしたお客様

エンゲージリングは彼から誕生日に
サプライズでプレゼントしてもらいました。
ロイヤルアッシャーの品質の良さと
エンゲージリングらしいデザインが
とても気に入っています。
同じロイヤルアッシャーのマリッジリングと
重ね着けして毎日つけています。

エンゲージリングをしたお客様

ロイヤルアッシャーのデザインが
とても気に入り、またリングを
着けた時の着け心地がとても良かったので、
自分達の好みに合ったリングに出会えました。

婚約指輪にロイヤルアッシャーをお考えの方は、
ぜひお店でダイヤモンドの輝きをご確認下さい

ロイヤルアッシャーが婚約指輪に選ばれる理由としてダイヤモンドの輝き、歴史についてお話させていただきましたが、実際にロイヤルアッシャーのダイヤモンドを見て頂くと魅力がさらに伝わります。実際にお店で手にとって、気品のあるダイヤモンドの輝き、着けごこちの良さ、デザインを見て頂ければと思います。ぜひお気軽にご来店下さい。

お店でご確認ください
ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンド

 

Page Top

PAGE TOP