スマートフォンでの
閲覧はこちら

ISSHINDO

桜木・万代

「原石に命を与える」

イギリスのロンドンに本社を構えるモニッケンダム。
モニッケンダムは「原石に命を与える」をカッティングポリシーとしています。 創業以来130余年にわたり培った熟練の技術から、美しさあふれるダイヤモンドを生み出しています。

最高の原石をセレクトし、その原石の個性を生かす最高のカット技術を施し、最高の輝きの「モニッケンダム ダイヤモンド」が生まれます。 どれをとっても「最高品質」の製品を仕立てることがモニッケンダムクオリティです。

最高のダイヤモンドから
最高のジュエリーにfrom the best diamonds For the best jewelry

イギリスのロンドンに本社を構えるモニッケンダム。
原石の個性を最大限に生かし、最高の輝きを作りだすことに情熱を注いできました。
「原石に命を与える」をカッティングポリシーとし、1890年の創業以来、生命の輝きを放つダイヤモンドを生み出し続けています。
モニッケンダムのダイヤモンドは、白く豊潤な輝き「ラグジュアリーホワイト」が特徴。
「ラグジュアリーホワイト」はモニッケンダムが追求する最大限に美しい輝きです。
様々な色の気配がしてくるような白、色が香り立つようなニュアンスの白とも例えられています。

わずか5% 輝く原石の見極め

ダイヤモンドの輝きは原石の選別がとても重要です。
良質な原石を選別し、研磨できるのはダイヤモンドカッターだからこそ。
モニッケンダムでは、8面体で結晶の歪みが少なく透明感がある原石を厳選します。また、輝きに影響のある内包物を含まないものを中心に選別しています。
実際に選定される原石は全体のわずか5%。130余年にわたり培った経験から輝く原石を見極めています。

研磨したガードル(左 )/ 研磨していないガードル(右)

光の輪「サークルオブラスター」

ダイヤモンド業界に大きな衝撃を与えたのが、1954年にモニッケンダムが開発した「サークルオブラスター」。
これは、ダイヤモンドのガードル(外周)部分を磨き上げる技術です。

ダイヤモンドを真上から見ると、磨き上げられたガードルが、美しい光の輪となって輝きます。
モニッケンダムが世界に先駆けて開発した技術です。

まばゆい煌めきの秘密
「スパークリングフィニッシュ」

モニッケンダムでは、ダイヤモンドの各ファセット(面)を、研磨痕が完全になくなるまで磨き上げています。
世界トップレベルの技術で磨き上げられることにより表面で光が拡散することなく、最大限の輝きが引き出されます。
光が反射し、ダイヤモンドから煌めきがはじけ飛ぶイメージから「スパークリングフィニッシュ」と呼ばれています。

モニッケンダムの歴史History

1890年
マスターカッターとして活躍

初代ルイ・モニッケンダムは、アムステルダムでダイヤモンドカッターとして活躍。
卓越した技術をもつ「マスターカッター」として認められていました。そして、1890年にモニッケンダム社を創立しました。

1914年
イギリスでの歴史のはじまり

アムステルダムでモニッケンダムの技術は高く評価されていましたが、時代は第一次世界大戦へと突入。
これにより、1914年にルイ・モニッケンダムは英国へ移住します。
英国へ移り住んでからも、ルイ・モニッケンダムは優秀なダイヤモンドカッターを育て続けることで「モニッケンダム」としてのブランドを確立。英国のダイヤモンド産業の発展に大きな役割を果たします。

1938年
世界初ダイヤモンドの格付システムを考案

モニッケンダムが世界で初めて考案したのが、ダイヤモンドの格付システム。
カラーはアルファベットの「A」から、クラリティは数字の「1」から格付けしていました。
現在のダイヤモンドの評価基準「4C」で、カラーのグレードが「D」から始まっているのは、モニッケンダムの「A」から始まる格付けへの敬意を表しているからだと言われています。

1948年
女王陛下のダイヤモンド

1948年、エリザベス女王のご結婚祝いとしてタンザニア政府から贈られたダイヤモンド原石を、モニッケンダムがカットしました。
現在も英国王室との関係は深く、王室が所有するダイヤモンドコレクションに修理が必要なときには、アドバイザーとしてモニッケンダムが指名されています。

1965年
世界最小のフルカットダイヤモンド

初代から受け継がれた、高品質なカッティングへの挑戦により、モニッケンダムには多くの素晴らしいカッターが育ちました。
1965年、キース・ボーエンという職人が、1/607カラット(0.00164ct)のダイヤモンドに、58面体のフルカットを施すことに成功。
直径1ミリにも満たないこのダイヤモンドは、世界最小のフルカットダイヤモンドといわれ、世界中がモニッケンダムの技術力の高さに驚きました。

2008年
史上最高額で落札された
7.03カラットのブルーダイヤ

2008年、26.58ctのブルーダイヤモンドの原石が南アフリカのカリナン鉱山から採掘されました。
この希少性の高いダイヤモンドのカットに、モニッケンダムが選ばれました。
何か月にもわたり詳細にプランが練られ、7.03ctの見事なクッションカットが施されました。

店舗情報

Shop

― 指輪を選ぶその空間さえも記憶に残る ―
ぜひ一度お近くの店舗にご来場ください
お待ちしております

一真堂 桜木インター店

一真堂 桜木インター店

〒950-0983
新潟県新潟市中央区神道寺2丁目7-5
新潟バイパス桜木インターからすぐ
OPEN|11:00~19:00
定休日|12/31・1/1
毎週水曜日(※祝日は営業)
  • TEL

    TEL

  • MAP

    MAP

一真堂 万代店

一真堂 万代店

〒950-0909
新潟県新潟市中央区八千代2丁目2-1-1階
ビルボードプレイス様南側
OPEN|11:00~19:00
定休日|12/31・1/1
毎週 火・水曜日(※祝日は営業)
  • TEL

    TEL

  • MAP

    MAP

  • TOP
  • レコメンドコンテンツ
  • モニッケンダム

TEL予約

Telephone Reservation
一真堂 桜木インター店
〒950-0983
新潟県新潟市中央区神道寺2丁目7-5
新潟バイパス桜木インターからすぐ
OPEN|11:00~19:00
定休日|12/31・1/1
毎週水曜日(※祝日は営業)
一真堂 万代店
〒950-0909
新潟県新潟市中央区八千代2丁目2-1-1階
ビルボードプレイス様南側
OPEN|11:00~19:00
定休日|12/31・1/1
毎週 火・水曜日(※祝日は営業)

デザインテイスト

デザインテイスト

デザインテイスト

フォルム

フォルム

フォルム

サイドストーン

ダイヤモンド

サイドストーン

価格

ブランド