結婚式のテーブルコーディネート実例!おしゃれ空間を作ろう!

 

結婚式のテーブルコーディネートは、披露宴会場の雰囲気を決める要!

会場の印象=ふたりらしさを感じられるポイントになるので、結婚式の中でも特にこだわりたい部分。

披露宴会場を華やかに演出してくれる素敵なテーブルコーディネートが実現できるよう、コツをつかみましょう!

筆者
RINGO
この記事のライター
経歴
結婚式場でプランナーとして5年勤務。現在はブライダルジュエリーショップにて、婚約指輪・結婚指輪の販売を担当。ブライダル業界全般に携わった経験から、プレ花嫁のお悩みに寄り添ったブライダルアドバイザーとしても活躍。
趣味
愛犬との散歩

 

テーブルコーディネートのポイント

テーブルコーディネートでは決めることがたくさん。

テーブルクロスやチェアカバー、ナフキン(なんと折り方まで!)は、色味や柄の種類が豊富。その上、テーブルのメインとなる装花もお花の種類や色の組み合わせがあり、その合わせ方は無限大です。

どんなコーディネートにしようかワクワクしつつも、一体なにから決めればいいのか難しくもあります。

そこで、まずは自分の好きな色や好みの雰囲気はどんなものか考えてみましょう。

テーマを決める

テーマは海の中

テーマ決めのポイントは、シーズナルイベントや共通の趣味、ふたりの好きなものからイメージを膨らませること。

例えば結婚式を挙げる日が春の場合は『桜』、夏は『海』、秋は『ハロウィン』、冬は『クリスマス』など。スポーツをきっかけに知り合った二人であれば、ユニフォームやボールを用意し、写真撮影に活かすのもアイディアの一つです。

他にも好きな映画や好みの雰囲気(モダン・リゾート・和・ゴージャス)から作りたいテーマを考えていきましょう。

ナチュラル
ナチュラル

近年シーズンに関わらず、根強い人気なのはグリーンをたっぷり使ったナチュラルテイスト

 

キャンドル

テーマが決まったら、それに合わせて貝殻や花びら、切り株などの小物アイテムを用意しましょう。メインテーブルとゲストテーブルに合わせて飾ることで世界観が深まるのでおすすめ。

また演出上、会場内が暗くなるタイミングも。キャンドルを置いておくと幻想的な雰囲気になり素敵です。

色を決める

色の組み合わせを考える

テーマの方向性がおおよそ決まると色も考えやすくなります。ここでのマストポイントはカラードレスとの色合いを合わせること!

ドレスの色とテーブルコーディネートをリンクさせることで統一感が生まれます。ドレスがレッド~ピンク系なら同系色で濃淡をつけたものがよく合います。グリーン~ブルー系の深みのある色のドレスなら、逆に白系のアイテムがアクセントとなりますね。

テーブルクロスをドレスと馴染む色にするなら装花やテーブルナフキンで差し色を入れるのもいいですね。

色はテーマやドレスとの雰囲気のバランスを見ながら考えてみましょう。

装花選び

会場装花
会場装花

ふたりが座るメインテーブルやゲストテーブルの装花は必ず必要なものですが実は相場は結構高め。

メインテーブルは¥50,000~¥150,000ほど、ゲストテーブルは¥5,000~¥10,000ほど×テーブル数分となります。結婚式費用の中でも予算はしっかりめに必要な部分。

ただ装花の費用を抑えようとすると、華やかさやボリューム感がなく全体的に寂しい印象に。ゲストに節約したと気づかれてしまう可能性も…。

装花は披露宴会場の雰囲気を華やかに、明るくしてくれるものです。後々写真やムービーとして記念にも残ります。式場のフローリストに自分たちの予算感を伝え、見栄えのするようアドバイスをもらうとよいでしょう。

 

テーブルコーディネート実例

テーマごとにテーブルコーディネートをご紹介!

好みのテイストを見つけてくださいね。

キュート

カラフルなお花がキュート

ホワイトとピンクをメインにカラフルなお花を使いながら全体的にかわいくまとまっている印象

ナチュラル

ナチュラル
ナチュラル

ベージュやオフホワイトの落ち着いた色合いをベースにグリーンを持ってくるとナチュラルな印象に!近年長く人気なのがこのナチュラルテイスト。

大人シンプル

落ち着いた色使いでシックな印象

グレー、ホワイトでまとめられた中にゴールドの差し色で大人っぽい雰囲気に!

アンティーク

くすみカラーが可愛い

くすみカラーと装飾品にゴールドを使うと一気にアンティーク調の雰囲気に。ここにキャンドルや本、額縁などを持ってきても合いますね。

清楚

清楚さとナチュラルを感じる

ホワイトを基調とした爽やかさの中にナフキンや花器をネイビーのリボンで結んだ甘辛なコーディネート!カスミソウを取り入れると可憐で自然なかわいらしさに。

上品×シンプル

グラスの蝶々がアクセント

バラのみでシンプルにまとめられた装花が上品。まわりを花びらで敷き詰めていて全体的な華やかさやボリューム感もアップ。それぞれのグラスにとまる蝶々も会場全体の統一感がでていて◎

華やか

エレガントな印象

華やかさと上品さを兼ね備えたコーディネート。ホワイト×ゴールド×ピンクは会場全体が明るくなる色使いですね!

まとめ

結婚式のコーディネートのイメージは湧きましたか?

ゲストが披露宴会場に足を踏み入れたときの第一印象=会場コーディネートです。ふたりらしさが伝わる式になるようにコーディネートを考えていきましょう。

もちろんすべてふたりで決めるのではなく結婚式場のプランナーやフローリストが中心となって一緒に考えてくれますのでご安心を!

まずはドレスの色合いや好みのテーマからどんな雰囲気の披露宴会場にしたいのかふたりでイメージを共有し膨らませるといいですね。