モニッケンダム/MONNICKENDAM  新潟正規代理店

ダイヤモンドブランド として有名な世界三大カッターズブランド のモニッケンダム(MONNICKENDAM / LONDON)。実はイギリスのダイヤモンドブランドで、エリザベス女王のダイヤモンドのカットを手掛けるブランドです。

世界で初めてダイヤモンドの鑑定基準を設けたことはあまり知られておりません。今回はこの「モニッケンダム」のダイヤモンドの輝きの違いや歴史をご紹介します!!

一緒に閲覧されているコンテンツ

「モニッケンダム 婚約指輪・結婚指輪」

世界三大カッターズブランドに興味ある方はこちら↓

「ラザールダイヤモンド」、「ロイヤルアッシャー」①

モニッケンダム(MONNICKENDAM)の歴史

マスターカッターの創立者【1890年】

モニッケンダムの創立者のルイ・モニッケンダムは当時のダイヤモンド流通の中心地アムステルダムでダイヤモンドカットのマスターカッターとして知られていました。

1890年にダイヤモンドのカッティング会社としてモニッケンダムを創立します。

イギリスへの移住【1914年】

オランダ・アムステルダムではモニッケンダムの卓越したカット技術が高く評価されていました。そんな中、第一次世界大戦が行われ、ドイツ軍の侵攻によりイギリスへ移ることに。

宝石商の街で知られるハットンガーデンに本社を設立し、王族の別荘地としても知られるブライトンにカッティング工場を建てました。

イギリスへ移り住んでからもルイ・モニッケンダムは優秀なダイヤモンドカッターを育て続けることで「モニッケンダム」としてのブランドを確立させます。そしてイギリスのダイヤモンド産業に大きな発展をもたらしました。

「原石に命を与えるカッティング」【1920年】


初代ルイ・モニッケンダムの息子である2代目アルバート・モニッケンダムはルイのダイヤモンドに対する情熱をそのまま受け継ぎ、「原石に命を与える」ことをカッティングポリシーに掲げました。

1920年に社名をA.MONNICKENDAM.LTDとして、ニューヨークにも支社を構えるなど世界へ向けてイギリス発のダイヤモンド「モニッケンダム」を広めていきます。そしてモニッケンダムのカットしたダイヤモンドを世界中の名門ジュエラーへ提供するようになりました。

 

 

ダイヤの4Cの基となる格付けシステムを考案【1938年】

ダイヤモンドの4CをGIA(米国宝石学会)が作ったことは有名ですが、その基となったダイヤモンドの格付けシステムをモニッケンダムが世界で初めて考案したことを知っている人は少ないです。

モニッケンダムの考案した格付けシステムではカラーはアルファベットの「A」から始まり、クラリティは数字の「1」から始まります。

女王陛下のダイヤモンドを作る【1948年】

イギリスのエリザベス女王がご結婚された際にそのお祝いとしてタンザニア政府より贈られたダイヤモンド原石をモニッケンダムがカットを手掛け、見事に成功させます。

完璧にエメラルドカットを施されたダイヤモンドはイヤリングとしてエリザベス女王に寄贈され、世界中から賞賛されます。この偉業により英国王室からの信頼を高め、世界中のジュエラーから注目されるダイヤモンドブランドになりました。今現在でも王室が所持するダイヤモンドジュエリーに修理が必要なときはモニッケンダムがアドバイザーとして指名されています。

世界初!サークル オブ ラスターの開発【1954年】

ダイヤモンドのガードル部分を研磨する技術で、当時のダイヤモンド業界にこの考えはまったくありせんでした。丸いダイヤモンドを真上から見るとダイヤモンドが光の輪の如く美しく輝くことからサークル オブ ラスターと名付けられました。

今では他のブランドも取り入れている技術ですが、モニッケンダムが開発した技術です

世界最小ダイヤのフルカットに成功【1965年】

直径1mmもない 1/607 カラット(0.00164ct)に58面体のフルカットを施す偉業に成功しました。この 1/607 カラット(0.00164ct)はどのくらいの大きさかというと縫い針の糸を通す部分と同じくらいの大きさです。

モニッケンダムは8個目の挑戦で成功させ、そのカッティング技術の高さに世界が驚愕しました。

女王陛下から英国産業賞を授与【1966年】

2代目アルバート・モニッケンダムはこれまでに培ってきたダイヤモンドの専門知識をまとめ、「The Secrets of Diamonds」と「The Magic of Diamonds」を執筆します。この2冊はダイヤモンド業界に従事する人にとって、模範的な教科書といわれました。

ダイヤモンドカッターの教育や厳重な品質管理のもとでつくられたダイヤモンドは世界でも認められ全生産量の90%を海外へ輸出するようになります。そうしてイギリスのダイヤモンド産業を発展させ、経済的にも大きな貢献が認められ、エリザベス女王から「英国産業賞」を授与されました。

原石とカットに対するポリシー【1981年】

3代目アーサーはカッティングポリシーに「原石からマキシマムラスターを取り出す」こと、4代目ギャリーは「原石の持つすべての良さを取り出す」ことを掲げます。つまり、その原石から放てる最高最大の輝きを生むカッティングをすることをポリシーに活動を続けていきます。

モニッケンダムは創業以来、一族経営でその信念を貫き続けています。

まとめ

モニッケンダムは

世界三大ダイヤモンドブランドである。

白く芳醇な輝きが特徴のダイヤモンド、ダイヤモンドが綺麗なブランド。

世界で初めてダイヤモンドの鑑定基準を設けたダイヤモンドブランド。

実績を買われ、イギリス・エリザベス女王のジュエラーとしてジュエリーアドバイザーを行なっている。

サークルオブラスターと言われるダイヤモンドのカット技術を初めて導入したブランド。

 

いかがでしたでしょうか?

歴史のある伝統的なブランドですね!

モニッケンダムの婚約指輪・結婚指輪のデザインに興味がある方は「モニッケンダム 婚約指輪・婚約指輪」をご参照ください

 

ダイヤモンドの品質に重視されているかたは世界三大ダイヤモンドブランドを是非見比べて見てください!! ダイヤモンドブランドに興味ある方は↓こちら

「ラザールダイヤモンド」最高のカットの創始者「ブランド紹介~THE LAZARE DIAMOND編~」

「ロイヤルアッシャー」ダイヤの輝きが違う理由 ブランド紹介~ロイヤルアッシャー編①~