世界三大ダイヤモンドブランドを色々な目線で比較してみた!【三大カッターズブランド】

世界三大ダイヤモンドブランドを色々な目線で比較してみた!【三大カッターズブランド】

世界中に、星の数ほど無数にダイヤモンド ブランドが存在します。その中でも頂点を極める高品質なダイヤモンド ブランドが存在することはご存知ですか?

結婚指輪や婚約指輪を調べていると一度は目に止まる「世界三大ダイヤモンドブランド」「世界三大カッターズブランド」と呼ばれていますが意味は同じで、それぞれ

「ロイヤル・アッシャー」「ラザール・ダイヤモンド」「モニッケンダム」のことを指します。

この3ブランドのどれが良いのか、迷うところだと思います・・・。

そこで今回は、きれいなダイヤモンドや質のいいダイヤモンドをお探しの方へ「世界三大ダイヤモンドブランド」の輝きの特徴から、デザイン等の違いも含めてご紹介します!!!

ラザールダイヤモンド

まずは、婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)のデザインを見たい方はこちら

ロイヤル・アッシャー [画像一覧]

ラザール・ダイヤモンド [画像一覧]

モニッケンダム [画像一覧]

 

そもそもカッターズブランドとは?

ダイヤモンドの原石から自社で研磨(カット)するブランドです。通常のブランドは他のダイヤモンドカット会社が研磨したダイヤモンドを使用して結婚指輪や婚約指輪を作っています。

カッターズブランドのなかでも「ロイヤル・アッシャー」「ラザール・ダイヤモンド」「モニッケンダム」の三社は特にカッティング技術が優れていることや様々なカットの評価基準を新たに定めたりと

ダイヤモンドの歴史を語る上ではずせないブランドです。

それらを踏まえ上記の3ブランドは世界三大ダイヤモンドブランド(世界三大カッターズブランド)と呼ばれています。

ダイヤモンドの輝きの違い

ダイヤモンド 原石の画像
ダイヤモンド 原石 左の原石が最上級の原石 「ソーヤブル」

ダイヤモンドの輝きには種類があることをご存知でしょうか?実は、ダイヤモンドの輝きには大きく分けると三種類あります。

1.白い輝きのブリリアンス

2.表面のきらめきのシンチレーション

3.虹色の輝きのディスパージョン

の三つです。

この三つの輝きを軸に三大ダイヤモンドブランドの輝きの違いを見ていきましょう!*日本国内ではディスパージョンの輝きを重視したダイヤモンド が大半です。

ブリリアンス・・・ロイヤル・アッシャー、モニッケンダム

ディスパージョン・・・ラザール・ダイヤモンド

▷▷【ラザールダイヤモンド】

白い輝き方をするのがロイヤル・アッシャーとモニッケンダムで、虹の七色の輝きがラザール・ダイヤモンドです。ヨーロッパでは白い輝き方が好まれるため、オランダとイギリス出身のロイヤルアッシャー、モニッケンダムは輝きの特徴が似ています。

虹の輝きと白い輝きのどちらが美しいと思うかは個人の主観です。実際に店頭で見比べてみましょう!

 

「ロイヤルアッシャー」左#688 右#680

▷▷「ロイヤルアッシャー」の他のデザインはこちら

ロイヤル・アッシャーとモニッケンダムの輝きの違い

同じ「白い輝き」でもこの二社の輝きに違いはあるのでしょうか?

ロイヤル・アッシャーの輝きのコンセプトは「白く高貴な輝き」といって、その透き通るような透明感と白さが特徴です。

対してモニッケンダムのコンセプトは「ラグジュアリーホワイト」。白さと瑞々しい輝きが特徴です。

一般的な婚約指輪サイズのカラット数で見極めるのは難しいかもしれませんが、なんとなくモニッケンダムのダイヤモンドのほうが表面のきらめきのシンチレーションが強いように思いました。(個人的な主観です)

 

「モニッケンダム」上EN18 中EN19 下EN08

▷▷「モニッケンダム」の他のデザインはこちら

まとめると、

見ていると吸い込まれそうなくらい美しい!ロイヤル・アッシャー。

動かすときらめきがキレイ!なモニッケンダム。

 

といった感じでしょうか。

ダイヤモンドの輝きにはどうしても個人の感覚的が大きいので、実際に見比べてみていただきたいです。

デザインの違い

ブランド毎に世界観があるように、それぞれが手掛ける指輪にもデザインの特徴が生まれます。

「ロイヤル・アッシャー」「ラザール・ダイヤモンド」「モニッケンダム」はどれも歴史の長いブランドなのでシンプルなデザインが多いですが、その中でも特徴が分かれます。

伝統的な王道デザインならロイヤルアッシャー!

 

「ロイヤルアッシャー」#680

▷▷「ロイヤルアッシャー」の他のデザインはこちら

▷▷「ロイヤルアッシャー」日本初のコンセプトショップ『一真堂桜木インター店』へ来店予約する

三社の中でも一番王道な婚約指輪らしいデザインが多いのがロイヤル・アッシャー。デザインバリエーションを見ても個性的なデザインはあまりありません。シンプル王道系の婚約指輪らしさを求めるならロイヤル・アッシャーがおすすめです!

モダンなおしゃれを楽しみたいならラザール・ダイヤモンド

 

「ラザールダイヤモンド」LD529PR『カシオペア』

▷▷「ラザールダイヤモンド」の他のデザインはこちら

▷▷新潟県最大の「ラザールダイヤモンド」取り扱い『一真堂万代店』へ来店予約する』

▷▷予算50万円で探すこだわり抜いたダイヤモンドブランドの紹介

「ロイヤル・アッシャー」「ラザール・ダイヤモンド」「モニッケンダム」のなかでもデザインバリエーションが多く、他にはないような個性的なデザインが多いです。

「ロイヤル・アッシャー」「モニッケンダム」は伝統的なデザイン性がありますが、「ラザール・ダイヤモンド」はどこか都会的で、近代的な印象を感じさせるデザインです。

もちろんシンプル王道なデザインも用意されているので様々なニーズに対応できるところが良いですね!

ダイヤモンドの輝きも美しく、デザインでも自分らしさを出したいという方におすすめなのがラザール・ダイヤモンドです!

アンティーク・クラシカルなモニッケンダム

 

「モニッケンダム」EN18

▷▷「モニッケンダム」の他のデザインはこちら

▷▷「モニッケンダム」を見に『一真堂桜木インター店』へ来店予約する

どこかクラシカルな雰囲気を感じさせるデザインが多いのがモニッケンダムの特徴です。三社の中でもめずらしくプラチナとゴールドのコンビデザインがあります。好みがアンティーク調だったり、クラシカルなデザインが好きな方はモニッケンダムがおすすめです!

まとめると、王道系が好きならロイヤル・アッシャー!個性派ならラザール・ダイヤモンド!クラシック系ならモニッケンダム!がおすすめです!

生み出したカット

「ロイヤル・アッシャー」「ラザール・ダイヤモンド」「モニッケンダム」のなかでも「ロイヤル・アッシャー」「ラザール・ダイヤモンド」の二社は革新的なカットを生み出しています。

ロイヤル・アッシャー

トリリアントカット、アッシャーカット、ロイヤル・アッシャーカット等を開発しています。

今では、皆さんご存知の有名ブランドでもアッシャーカットは使用されています。

ロイヤル・アッシャーカットはロイヤル・アッシャーしかカットができない希少なダイヤモンドです。

▷▷「ロイヤルアッシャー」についてより詳しく見るならこちら

▷▷「ロイヤルアッシャー」の公式サイトはこちら

ラザール・ダイヤモンド

アイディアルメイクといってラウンドのカットを開発し、GIA(世界で最も権威のある鑑定機関)のマスターストーンはラザール・ダイヤモンドのものが使用されています。

▷▷【世界三大ダイヤモンドブランド】世界で最も美しいと称される輝きの秘密【ラザールダイヤモンド】

▷▷「ラザールダイヤモンド」についてより詳しく見るならこちら

 

歴史の違い

世界三大ダイヤモンドブランドはどれも長い歴史があります。それぞれの創業年をまとめると

ロイヤル・アッシャー・・・1854年

ラザール・ダイヤモンド・・・1903年

モニッケンダム・・・1890年

三社の中でもロイヤル・アッシャーが最も歴史が長く、1854年に創業しています。

続いてモニッケンダムが1890年、ラザールダイヤモンドが1903年と世界三大ダイヤモンドブランドと呼ばれるこれらのブランドは全て1世紀以上ダイヤモンドのカットを専門に行ってきた歴史あるブランドです。

 

まとめ

世界三大ダイヤモンドブランドにはそれぞれの特徴とともに良さがあります。

新潟桜木インター店ではこの三大ブランドを贅沢に見比べることができます!!

また、新潟万代店では新潟初のラザールダイヤモンドの専用ブースがございます。

実際に見比べて自分にぴったりのブランドを選びましょう!!

来店予約はこちら

合わせて読みたい記事↓
ロイヤルアッシャー」ダイヤの輝きが違う理由 ブランド紹介~ロイヤルアッシャー編①~
「ラザールダイヤモンド」最高のカットの創始者「ブランド紹介~THE LAZARE DIAMOND編~」
【MONNICKENDAM】ブランド紹介〜モニッケンダム〜