結婚指輪(マリッジリング)の鍛造製法(たんぞうせいほう)とは

結婚指輪(マリッジリング)の鍛造製法(たんぞうせいほう)とは

*実際に、鍛造(たんぞう)の結婚指輪(マリッジリング)のブランドや結婚指輪を見たい方はこちらをご覧ください 。『鍛造(たんぞう)の結婚指輪』写真図解付き。

結婚指輪(マリッジリング)の製法には大きく分けると二つあります。一つは鍛造製法(たんぞうせいほう)、もう一つは鋳造製法(ちゅうぞうせいほう)があります。

鍛造製法(たんぞうせいほう)とは、プラチナやゴールドの素材を圧をかけて鍛えることによって、金属が非常に固くなります。指輪の素材となる金属の塊に圧をかけてプレート上にしてくり抜いて指輪を成形する製法です。

結婚指輪(マリッジリング)に使用されるプラチナやゴールドは、長年、使うことにより金属疲労して歪んでしまう可能性があります。

鍛造(たんぞう)の結婚指輪(マリッジリング)は歪みにくい特徴があります。歪みが気になるようであれば鍛造製法(たんぞう)の結婚指輪(マリッジリング)を候補の一つとして指輪選びすることをお勧めしてます。

デメリットとして上げるとすれば、鍛造(たんぞう)の結婚指輪(マリッジリング)ストレートのデザインが主流。デザインバリエーションが少ないことがデメリットでしょうか。

一緒に見られている記事↓

デザインやブランドを詳しく知りたい方は、『写真図解付き 鍛造(たんぞう)の結婚指輪』をご覧ください。

鋳造(ちゅうぞう)製法を詳しく知りたい方は、『結婚指輪(マリッジリング)/婚約指輪(エンゲージリング)の鋳造製法(ちゅうぞうせいほう)とは』