CGL(中央宝石研究所)

CGL(中央宝石研究所)とは、国内最大の宝石の鑑別、鑑定機関です。

国内で最も権威のある鑑定機関と言われており、世界でもその信頼性が高く評価されています。

1970年に設立され、日本におけるダイヤモンド鑑定、宝石鑑別では最大シェアを誇り、鑑定書の発行部数は世界最大級となっています。

世界で初めて、ハート&キューピッド(H&C)をダイヤモンドプロポーションレポートとして添付したり、ダイヤモンドスパークレポートの開発を行ったりするなど、ダイヤモンド鑑定分野での先駆的存在でもあります。

また、ベルギーダイヤモンド業界の公式代表機関であるHRD(ダイヤモンド・ハイ・カウンシル)と業務提携を行い、アントワープに支店を置くことで、世界中のダイヤモンドが流通していたアントワープの最新情報を入手できるようになっています。

関連ページ ▷▷GIA(米国宝石学会)とは?