結婚指輪なしは”みじめ”って本当?人には聞けないリアルな事情とは

結婚指輪(マリッジリング)は「夫婦の証」であることから、結婚のタイミングでほとんどの人が購入します。しかし、様々な理由から結婚指輪 なしを選択する人もいるようです。

そういった決断をした人の中には、後々みじめな思いをした人や買わなかったことを後悔した人もいる様子。
すでにそういった不安を抱えた人もいることでしょう。

そこで今回は、”結婚指輪 なし”を選択した人は本当にみじめなのか、結婚指輪を買わないことによってどのような影響があるのか紹介していきます。
本当に買わなくていいのか、夫婦でしっかり話し合うための参考にしてくださいね。

そもそも結婚指輪はなぜ着ける?▷結婚指輪に込められた大切な意味とは?

“結婚指輪なし”を選択する理由

結婚指輪なし イメージ

まずは”結婚指輪なし”を選択した人はどのような理由から買わないことにしたのか紹介します。

すでに着けているペアリングで十分だと感じている

ペアリング

お付き合いの段階から左手の薬指にペアリングをしていた場合は、あえて結婚指輪を買わなくてもいいと考えることも。

たしかに、ペアリングにも素敵な思い出が詰まっていますし、その大切な指輪を着けなくなることに抵抗を感じることもあるでしょう。愛着をそのままに結婚指輪として愛用し続けるというのも素敵ですね。

経済的に余裕がない

結婚指輪の価格帯も広くありますが、全国的な平均価格はペアで25万円といわれ、とても高価なお買い物に変わりはありません。

それぞれの年齢やライフスタイルによっては我慢せざるを得ない金額といえるのかもしれませんね。

結婚指輪の相場はいくら?▷年代別 結婚指輪の相場や金額の差について徹底解説

そもそもアクセサリーが苦手

様々なアクセサリー

普段から時計やネックレスなど、アクセサリーを身に着けることが苦手な人にとっては、結婚指輪にも大きな抵抗を感じることでしょう。

「買っても着けないから」と買わない選択をする人もいるようです。

指輪が苦手な人も「これなら着けられる」と支持多数!▷”着けていることを忘れる着け心地”日本の隠れた逸品 NIWAKAの結婚指輪とは

購入したが早々になくした

頭を抱えて困っている男性

中には結婚指輪を購入したものの早々になくしてしまい、結婚指輪のない生活を強いられてしまった人もいるようです。

「なくしたらまた買えばいい」と簡単に気持ちを切り替えられるアイテムではないからこそ、そのままになってしまいがち。

気付いたら結婚指輪がない!▷結婚指輪を紛失した時の対処法を知っておこう!

以上のように、そもそも結婚指輪を買おうと思っていない場合もあれば、やむを得ず…といった場合など、人それぞれの理由があるようです。

“結婚指輪なし”=みじめ?

スマホを見ながら悩んでいる女性

そもそも、結婚指輪がないことは本当にみじめなのでしょうか。

たしかに「結婚指輪なし」と検索してみると「結婚指輪なし みじめ」という関連した検索キーワードが表示されます。
それだけ結婚指輪がないことに抵抗を感じる人が多いということでしょう。

ついつい目に止まってしまう”みじめ”というワード…

続いては、”結婚指輪なし”を選択した人がどんな場面でみじめな思いをしたのか紹介します。

みじめに感じるのはいつ?

みじめな気持ち イメージ

結婚指輪をしていない人が、みじめに感じたのは以下のような場面だそうです。

友だちから同情されたとき
周りの人の結婚指輪をうらやましいと思ってしまったとき
既婚者と認識されなかったとき
夫婦仲を疑われてしまったとき

たしかに、周りの人が当たり前のように結婚指輪をつけている中、購入していない自分を想像してみると…”結婚指輪なし”であることに自分自身がしっかりと納得できていないと、多少なりともみじめな気持ちになったり、悲観的になってしまうのかもしれません。

結婚指輪を持つ意味とは?どうして左手の薬指?
▷実はほとんどの人が知らない結婚指輪が持つ意味

パートナーとしっかり相談を

みじめに感じてしまった場面を踏まえると、多くの人が”結婚指輪 なし”という寂しさはもちろんのこと、それによって周りにどう思われるかという「世間体」も気になってしまう様子。

結婚指輪を購入しない場合、その理由も含めてパートナーとしっかり話し合い、お互いに心から納得した上で決断しましょう。

まずはどんな結婚指輪があるのか見てみましょう!▷幅広いニーズに応える東日本最大級のブライダルジュエリー専門店【一真堂 桜井インター店】はこちら

“結婚指輪なし”結婚式はどうする?

悩んでいる新郎新婦

結婚指輪があることが当たり前と認識される結婚式において、”結婚指輪 なし”を選択したふたりはどのように結婚式を行うのでしょうか。

ペアリングで代用

リングピローに乗せたペアリング

ペアリングを持っており、左手の薬指でも入る場合はそのペアリングを指輪交換で使用することもできます。

せっかくの晴れの日、結婚式に参列された皆様に結婚したことをしっかりとご報告するためには、ペアリングであっても左手の薬指に輝く「夫婦の証」は重要といえますね。

指輪交換のセレモニーをしない

結婚式での指輪交換

結婚指輪もペアリングもない場合は、指輪交換のセレモニー自体を無くすこともあるようです。代わりにふたりらしい他のセレモニーを検討することも素敵ですね。

とはいえ、挙式後の披露宴では「どんな結婚指輪をしているのか」注目されることも。結婚指輪を着けていないことに心から納得していないと、最高に幸せな日に寂しい感情が芽生えてしまうかもしれません。

あとからでも結婚指輪は買える

結婚指輪選びするカップル

結婚当初は様々な理由から”結婚指輪 なし”を選択したものの、その後の結婚生活において「やっぱり欲しい」と思うのは珍しいことではありません。

実際にブライダルジュエリーのショップでは、入籍日が未定のカップルを始め、結婚後数年経ってようやく結婚指輪を購入されるご夫婦まで、幅広い年代の人が来店されます。

もちろん、結婚指輪は結婚して何年経っていても購入することができます。結婚当初は諦めていた”結婚指輪の購入”という憧れはいつでも叶えることができますよ。

なくした結婚指輪をもう一度購入したい!▷結婚指輪の買い替えは悪いことなの?

▷国内外の一流ブランドが揃うブライダルジュエリー専門店【一真堂 桜木インター店】はこちら

結婚指輪の購入を検討してみましょう!

結婚指輪をしたカップルの手元

結婚指輪は、”指輪”というただのアイテムではなく、ふたりが共に人生を歩むと決めた証でもあります。

結婚指輪があるかどうかで、自分自身は相手を想うことができますし、周りの人へ既婚者であることを認知してもらうこともできます。

少しでも結婚指輪が欲しいと思っている場合は、その気持ちに素直になってパートナーに相談してみましょう。そしてまずはお近くのショップに見に行ってみてください!

結婚指輪に関するお役立ち情報配信中▷ISSHINDO Bridal Blogはこちら
全国各地からの来店多数▷幅広いニーズが揃う婚約指輪・結婚指輪専門店【一真堂】はこちら

新潟県新潟市一真堂桜木インター店の外観画像